• 小島屋オリジナル
  • ナッツ
  • ドライフルーツ
  • チップス
  • チョコ
  • 料理用
  • 珍味
  • 美容・健康
  • 袋・ケース

ナッツとドライフルーツ専門店 小島屋TOP > 商品一覧 > ナッツ > ピスタチオ

ピスタチオ

QUEEN of the Nuts と評される コクと甘み♪ ピスタチオはナッツの女王なんです

独自の強め焙煎仕上げ 「本場イラン産ピスタチオ」

【特徴】

◆小島屋のピスタチオは一般的にコンビニやスーパーなどで販売されている ピスタチオよりも『カリッと香ばしく仕上げております。』

◆ピスタチオにはビタミンB群や食物繊維、カリウムなどがバランスよく含まれています。「ナッツ類は太る、ニキビができる」というイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、それは大きな誤解です。

ピスタチオの主成分は脂質ですが、そのほとんどはオレイン酸という一価不飽和脂肪酸です。これはオリーブオイルと同じ良質な植物性脂肪で、コレステロールはゼロなんです。




【お召上がり方】
周りの殻を剥いて、そのままお召し上がり下さい。
慌てて殻ごと口に入れないようにご注意ください(笑)

ピスタチオ収穫&産地情報

  • 中央アジアから西アジアが原産とされています。
    乾燥砂漠地帯が栽培に適しており、イランのラフサンジャンという産地のピスタチオが有名です。

  • ピスタチオナッツの実が熟しますと、その実はきれいな黄紅色に染まった薄皮に包まれます。
    完熟すると外殻は自然に縦に割れて収穫されます

  • 8月末〜10月にかけて、果皮が弾けはじめますと収穫期をむかえます。
    収穫は手積みでされるそうです。

  • アテネを中心にして20km〜30km県内のアッティキ地区にある400件の農家で収穫されたピスタチオです。ピスタチオ祭りで有名なエギア島もこのアッティキ地区です。

  • 小島屋で仕入れさせてもらっているナッツ会社の集荷倉庫です。
    三代続く農家さんで、今ではヨーロッパの高級スーパーを中心に、ギリシャのナッツを納品してます。

  • 訪問した時期は、収穫時期の少し前だったため、ピスタチオの実が熟していった頃でした。
    綺麗に黄紅色の薄皮に包まれたピスタチオは8月末から果皮が弾けて収穫期になります。

ピスタチオの 選び方 栄養 などなど


ピスタチオの栄養

ピスタチオにはビタミンB群や食物繊維、カリウムなどがバランスよく含まれています。ピスタチオの主成分は脂質ですが、そのほとんどはオレイン酸という一価不飽和脂肪酸です。これはオリーブオイルと同じ良質な植物性脂肪で、コレステロールはゼロ。

 

ピスタチオのパワー

アメリカの食生活指針ではピスタチオなどのナッツ類は脂質の摂取源として好ましい食品であるとして推奨されています。


ピスタチオの選び方

ピスタチオの選び方

◆アメリカ産ピスタチオがふっくらした優しい味わいなのに比べ、イラン産は、甘みとコクが強く、食感も香ばしくカリっとしているのが特徴です。またギリシャ産はコクと旨みがしっかりあるつつも、軽やかでまろやかな味わいです。

◆小島屋のピスタチオは、甘み・コクを活かす為に、一般的なピスタチオに比べて、強めのローストを行っています。
その為、実の色合いは綺麗な緑色にはなりません。製菓用などで、緑の色合い重視の方は、弊社のピスタチオは向きません><

カリっとした歯触り良く仕上がったピスタチオは、コクと甘みが深く、本場イランの方にもお褒め頂いている小島屋のオリジナリティー溢れるピスタチオです。

◆ジャンボピスタチオとピスタチオの粒の大きさの差は、2倍などと大きな差をイメージされるお客様もいらっしゃいますが、粒の大きさの差は<数mm>になります。
「なんだ数mmか」と思うお客様もいらっしゃると思いますが、この差で甘さやコク、ナッツの食べごたえが予想外に変わってまいります。アメ横店でも人気が高いのは少しお高いですが、ジャンボピスタチオの方です。

ピスタチオ比較

小島屋がアメリカ産を仕入れないワケ

小島屋では、アメリカ産はあえて仕入れていません。アメリカ産は、イラン産の弟分のようなもの。味も似てますが、
イラン産のほうがより深みが味わえます。ということで本場のイランから仕入れています。

小島屋独自の強煎りのピスタチオ。好き嫌いがあると思いますが、お客様のお口にあえば嬉しく存じます♪

お客様からの嬉しいお便り♪

東京都 ぴちょん様:ピスタチオ

とっても甘みがあって、でもさっぱりしていて本当に美味しいです。ヤミツキになりました^^


東京都 Garbon様:ピスタチオ

今までアメリカ産を食べていましたが、小島屋さんのイラン産を食べたら、コクが凄くてはまってしまいました。
もうイラン産しか食べません!!


香川県 ジョニ様:ピスタチオ

こんなに安いのに本当に旨いです。毎日食べてるので1kgがすぐなくなっちゃいます。
でも安いからまた頼んじゃいますけど^^

ちょっと小耳に挟でもらえると嬉しい、この商品の開発秘話!

店長コジマのよもやまばなし。

うちのピスタチオは強煎りです。

もう間違いなく強煎りです。

ピスタチオって綺麗なグリーンだよね
と思われている方が、 色を求めて買われると
全く緑じゃないぞーーー
と言われます。

生だと緑なんですが、 煎る程に緑から色が遠ざかります・・・

正直見た目重視だと、 やっぱり浅く煎って、
緑色を残した方が売れるんですよね。

でも変な誇りがあるんです、強煎りに。

上野にはイランをはじめ中近東の方が 結構多く来られます。

アメ横には、外国の方向けの 食材専門ショップ(スパイスなど)も 相当多いですので^^

小島屋にも中近東の方かなり 多くのお客様がいらっしゃるのですが
「ここでしか買わない!」
と本当に多くの方にお声を頂くんです。

アメリカ産ピスタチオの方が 一般的にはメジャーで 収穫量としても多いのですが、
実はアメリカの農園にいくと、 ピスタチオ農園のオーナーさんって イランから渡米された方が とーーーっても多いんです。

だから、産地がアメリカでも、作っているのはイランの方
っていう状況を考えると
<< 本場はイラン >>
なんですよね。

そんな本場の方に
俺らは「お前の所でしか買わない」
と言われてしまうと
もう味 崩せないんですよ(笑)

という訳で、 他ではあまりない
イラン産のピスタチオ 強煎り 
これからも とんがって頑張っていきます!

3 件中 1-3 件表示 

ピスタチオ[イラン産]

ピスタチオ[イラン産]

甘みが深いのがイラン産の特徴です。本場イランの方にもお褒め頂いている小島屋のオリジナリティー溢れるピスタチオ。
ジャンボ・ピスタチオ[イラン産]

ジャンボ・ピスタチオ[イラン産]

ジャンボピスタチオは、ピスタチオよりも<数mm>しか大きくないのですが、この差で甘さやコク、ナッツの食べごたえが予想外に変わってまいります。アメ横店でも人気が高いのは少しお高いですが、ジャンボピスタチオの方です。
ピスタチオ[ギリシャ産]

ピスタチオ[ギリシャ産]

日本では殆ど販売されていないギリシャ産ピスタチオ。実の色が鮮やかで、コクと旨みがありつつ軽やかな味わい。


3 件中 1-3 件表示 



煎りたてナッツ
「煎りたて」という、小島屋店頭でしか味わえないナッツをお試しください!

ピスタチオとジャンボピスタチオの違い

お問い合わせ内容

■その1:

ジャンボピスタチオとピスタチオの両方を注文したのですが、どちらがジャンボピスタチオになりますか?
もしくは、 ジャンボピスタチオと注文したら、「ピスタチオ」とシールがはってある商品が届きました。これはジャンボではないのでしょうか

 

■その2:

ピスタチオ と ジャンボピスタチオ はどの程度、粒の大きさの差があるのでしょうか?
または、  ジャンボピスタチオを頼んだのですが、粒の大きさが少し小さめのが混じっているのは何故でしょうか?

その1への お答え

弊社の「普通サイズのピスタチオ」・「ジャンボピスタチオ」はどちらも『緑色の楕円形のピスタチオ』というシールを使用しております為、
どちらがどちらなのか、分かりにくくなっております。
大変申し訳ございません。
下記の方法で、どちらの商品かをご判別いただければ幸いでございます。

 

≪普通サイズの粒のピスタチオ≫


「楕円形の緑色のピスタチオシール」が、↑の写真の通り、商品中央部に張ってあるのが【普通サイズ粒のピスタチオ】です。

 

≪ジャンボサイズの粒のピスタチオ≫


「楕円形の緑色のピスタチオシール」が、↑の写真の通り、商品右上(もしくは左上)に張ってあるのが【ジャンボ粒のピスタチオ】です。

商品裏面に貼ってございます、「詳細表示シール」は、どちらも原材料「ピスタチオ」となりますので、差はございません。
分かりにくく申し訳ございませんが、どうぞご容赦下さいませ。

 

【何故同じシールを使いまわしているかの理由】

弊社では、商品の個装・シールなど各種の商品以外にかかるコストを徹底的に押さえる事により、
卸し価格でのご提供を小売のお客様にご提供させて頂いております。
その為、シールの種類が増えますと、版下代・シール管理・印刷コストが増加し、商品代金に跳ね返る為、シールの種類は出来る限り押さえております。
ご理解頂ければ幸いでございます。

その2への お答え

ピスタチオは弊社では、『Lサイズ(大粒)のピスタチオ』と『普通サイズのピスタチオ』の2種類で仕入れをしております。
そして、Lサイズの大粒として仕入れた商品のみで個装(商品作成)を行ったのが、『ジャンボピスタチオ』
普通サイズとして仕入れた商品の実で個装(商品作成)を行っているのが、『ピスタチオ』になります。

 

下記の写真が「ピスタチオ」・「ジャンボピスタチオ」の商品を比べた写真です。

ボールペンより左側が『ピスタチオ』、右側が『ジャンボピスタチオ』になります。
どちらも粒の大きさに多少のばらつきはありますが、集合体にして比べると、確かに『ジャンボ』の方が大きいとわかると存じます。

 

イメージが付きにくいというお客様の為に、もう1枚

上が普通サイズ/下がジャンボサイズです。
基準的なサイズの粒をセレクトし、比較をしております。

 

さらに最後の1枚(100円玉と比べてみました)
左が普通サイズ/右がジャンボサイズです。ご参考に頂ければ幸いです。

続きまして、ジャンボピスタチオの中に何故、粒の小さめなピスタチオが混じっているか(普通サイズ・ピスタチオも同様)に関しましてですが、
これはイランで行われている、ピスタチオの選別作業の問題で、どうしても発生してしまうのです。

イランで粒の選別作業を行っておりますが、人手での作業(機械ではなく、手選別)の為、どうしても粒にバラつきが生じます。
粒あたりの単価が安い商品の為、厳格な粒の選別を指導は出来ない状況がございます。

どちらのサイズのピスタチオも中には、多少小さな粒も入りますが、逆に非常に大きな粒がはいる事もございますので、何卒ご容赦頂けます様お願い申し上げます。