小島屋WEB

media

[新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言]に対する当店の対応について。

20.04.07

まずはこの度の新型コロナウィルス感染症により影響を受けられている皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。

罹患された皆様におかれましては、一日も早いご快復を心よりお祈り申し上げます。

令和2年4月7日(火)に、政府による新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が7都府県に出されました。

これを受け東京都台東区に所在する当店では、当面は次のように対応して参ります。

・当面は対策を講じつつ通常に近い形で営業いたします。
・社内での感染防止のための取り組みををさらに徹底いたします。
・リモート勤務、時差出勤、営業時間の短縮などを今後実施いたします。

まずは皆様がご心配されているかもしれない「大丈夫なの?」という点についてご説明させていただきます。

◆当店からのご注文商品の出荷について

4月20日(火)現在、通常通りに提携先である、食品専用の物流倉庫よりご注文受付、出荷を行っております。

弊社の提携先物流倉庫は、静岡県浜松市にあります。
<倉庫情報はこちら ⇒ https://www.kojima-ya.com/fs/kojimaya/c/guide01 >

緊急事態宣言後も、宅配便は通常通りに稼働しております。

但し、航空会社の減便等にともない、北海度など一部地域において航空便の遅れが発生している場合がございます。
また、大都市圏ではヤマト運輸の便数を減らすという情報もでており、若干の遅延は今後発生する可能性がございます。

◆出荷商品へのウィルス管理を出来る限り行います。

商品の作成時は当然、手洗い、消毒、マスクなどは従来より行っておりますが、
梱包時においても、手洗い、消毒、マスクにて作業を行います。
また、商品自体も検品時にアルコール布巾で拭く事で、出来る限りのウィルス対策を行ってまいります。

◆荷物のお受け取りの際

通販とはいえ商品お受け取りの際に、他者との接触を気にされている方も多いと思います。
ヤマトさんでもこのような対応をされているようです。
弊社以外の通販お受け取りの際でも気にされる方は、配達員さんへ伺って頂ければと存じます。

ーー商品配達時の非対面受け取り対応につきましてーー
新型コロナウイルスの感染拡大にともなう一時的な対応として
商品お届けの際、配達員にインターホンなどでご希望を伝えいただければ、
ご自宅の玄関前等のご指定いただいた箇所へのお届けを行います。
それにより、直接配達員と対面することなく商品の受け取りができます。

※受取人様が在宅中のみの対応となります。ご不在中の場合は承ることができません。
※商品の大きさ等によってはご希望をお受けできない場合もございます。

配達員の方も様々なリスクの中、頑張ってくれておりますので、
是非お受け取りの際に温かいお言葉をおかけ頂けると嬉しく存じます。

◆当店の店舗営業について

私ども「ドライフルーツとナッツの専門店 上野アメ横:小島屋」としては、ご批判もあるかもしれない事は承知の上で、平日は当面も営業を続けさせていただくことに致しました。

但し、土曜:日曜:祝日 は 5/6まで 休業とさせて頂きます。
5/6以降につきましては、今後の状況の変化に応じて適切な措置を行ってまいります

平日に関しましては、店舗の開店時間を11時~とさせて頂きます。
いつもよりも営業開始時間を1時間遅くしておりますが、ご了承くださいませ。

感染対策の為、スタッフはマスク着用、また手指消毒の徹底をしております。
ご来店のお客様にも手指消毒をお願いしておりますのでよろしくお願い致します。

-----------------------------

緊急事態宣言には「職場への通勤、医療機関への通院、食料の買い出し、などの場合を除く、不要不急の外出の自粛要請」「学校やイベント開催などへの制限」などが伴います。
強制力や罰則はないものの、感染拡大の防止のため可能な限り人との接触を減らし、自宅での待機やリモートでの勤務が望ましいことに間違いはありません。

その一方で。

上野の地元に住んでいらっしゃるお客様ですと、
空いているアメ横ならば、さっといってさっと商品を買わせてほしい。
ナッツやドライフルーツは毎日食べている物だから。
というお声も頂いております。

また、弊社を業務用でご利用頂いているお客様の多くは、飲食店、バーなども多く、
お店さんによっては、店舗営業は休止しつつもデリバリーなどで 縮小営業をしつつも、倒産しない様に頑張っている店舗さんも多くいます。

いつもの食材でいつもの味を出来る限りつくり、求めて頂けるお客様には届けたいというのは
私どもも、卸先様である飲食店さんも同じですので、出来る限りここにはご対応をしていきたいと思っております。

勿論きれいごとだけではなく、
極めて現実的な理由として、私どものような中小企業は、営業活動を長期間に渡って停止してしまうと、従業員の雇用の維持や事業の継続が極めて難しくなってしまいます。

◆社内での取り組みに関しまして

今回の緊急事態宣言を受けて、決めたことが3つあります。

・社内に感染者を出さない(感染を広げない)
・取引先様、お客様への感染リスクに関しても最大限心配りをする
・事業を存続する

これを原則に今後の行動は判断させていただくつもりです。

社内においては

・マスクの着用
・アルコール消毒
・うがい
・手洗い
・事務所内の常時換気
・ソーシャルディスタンスの徹底

に加えて

・発熱や咳などの疑わしい症状が出たときは必ず休む
・ご家族を含め、会社以外での感染を避けるための節度ある行動のお願い

を徹底してまいります。

お客様にご不便をおかけする場合もあるかもしれませんが、今後も可能な部分に関してはテレワークなどのリモート勤務へ移行する方向です。

最後に

東京は人口が多い事、狭い地域に多くの方が住み、活動している地域でもある事から感染者数も多く、
今回の緊急事態宣言の前から、
お客様より、「この商品は大丈夫?」「袋にウィルスがついてたりしない?」といったお問い合わせを
頂く事が少しではありますが、ございました。

確かに、目に見えない相手が今回のコロナウィルスです。

どこまで心配したらいいのか?と、非常に不安になられる方もいらっしゃるのも理解できます。

東京のお店だからと、ご心配される方やお買い物を避けたい気持ちのあるお客さまも、きっといらっしゃるだろうと思いました。
なので、とりあえず安心していただくために、当店の現状や取り組みをフルオープンでお話しさせて頂こうと思った次第です。

ですので、お問い合わせいただければなんでもお応させて頂くつもりでおりますし、
ご注文後のキャンセルも、当店の通常の返品規定に沿ってお受けさせて頂きますのでご安心ください。

一日も早い収束を祈りながら、私たちも感染拡大の防止に努めてまいります。

万が一にも、今後に大きく事態が悪化していった場合には、さすがに別の決断をせざるを得なくなると思いますが、現状では我々はこのように考えて行動して参ります。

令和2年4月8日(水)

ドライフルーツとナッツの専門店 小島屋

運営元:株式会社小島屋

専務取締役 ネット店長 小島靖久

  • SHARE

RELATED ARTICLE

  • WBS(ワールドビジネスサテライト)で紹介されました

    20.02.20

    media
  • ippin(イッピン) にご紹介いただきました

    17.06.17

    media
  • ぐるなび みんなのごはんにご紹介いただきました

    17.09.29

    media
  • ippin(イッピン) にご紹介いただきました

    16.03.09

    media
  • JMS『食を愉しむ』6月号 に掲載されました

    16.06.15

    media