小島屋WEB

about-dried-fruit

青汁に使われる『大麦若葉』の効果とは?たっぷりの栄養で健康をサポート!

最終更新日:22.02.24

栄養たっぷりの大麦若葉

大麦若葉という健康食品、どこかで聞いたことはありませんか?
そう!青汁などのCMでよく聞きますよね。大麦若葉とは、ずばり青汁の原材料に使われる植物なのです。青汁と一言にいっても、実際は主原料はさまざまで、栄養素や飲みやすさも少しずつ違います。

大麦若葉は、食物繊維やビタミン・ミネラルといった栄養素が豊富です。そのため野菜不足の解消にも役立つうえに、青汁としても飲みやすいことから注目を集めています。今回は、そんな大麦若葉の効果や、気になる他の青汁との違いについてもご紹介していきます!

大麦若葉とは?青汁の原材料?

そもそも青汁とは

青汁とは、緑黄色野菜など栄養豊富な野菜を絞った汁のこと。多くは粉末にして販売されており、手軽に飲めるのが特徴でしょう。原材料としては、大麦若葉やケール、明日葉といったものが有名ですね。そして今回注目するのが、原料の1つでもある大麦若葉です。

大麦若葉とは、西アジアを原産とするイネ科の植物です。大麦若葉という名前の通り、大麦が20~30cmに成長し穂をつける前の若い葉のことで、きれいな緑色をしています。粉末にすると抹茶のような淡い緑色になるのが特徴です。成長過程にある若葉は、これからさらに伸びるための栄養を蓄えているので、栄養素がたっぷり含まれるというわけです。

そんな大麦若葉は、青汁の原材料としても知られています。そもそも大麦若葉の「大麦」とは麦ごはんなどにも使われる穀物なので、野菜のような青臭さやクセがないのが特徴で、人気の理由となっています。

健康維持のために◎

青汁の効果については後で詳しく解説しますが、何よりの効果は野菜不足が解消できることでしょう。大麦若葉などを使った青汁には、野菜に含まれるビタミンミネラル、さらに食物繊維などが豊富であり、健康維持に役立ちます。

大麦若葉の効果とは!「青汁=効果なし」はウソ!

青汁に使われる大麦若葉ですが、ネット上の口コミでは「青汁飲んでも効果ない」といった否定的なコメントも多く見受けられます。しかし、大麦若葉には確かに健康に重要な成分が多く含まれています!砂糖や添加物が多いと効果が得られない場合もあるので、完全無添加や砂糖不使用のものを選べば、効果が得られるかもしれませんよ。

ここでは、大麦若葉に多く含まれる栄養素に基づき、期待できる効果や効能についてご紹介しておきましょう。

抗酸化作用で病気に負けない身体に

抗酸化作用とは、身体のさび付きを防ぐ作用です。生活上の刺激やストレスにより増えた活性酸素は、体内の組織を酸化させ過酸化脂質を作ります。この過酸化脂質はがんや心疾患など様々な病気を引き起こすリスクがあるのです。

大麦若葉には、抗酸化作用を持つクロロフィル(葉緑体)や、SOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)酵素という成分が含まれます。これらの成分が活性酸素を除去してくれるため、がんなど生活習慣病の予防に効果があるとされています。

また、抗酸化作用は様々な細胞の酸化を防ぐため、代謝がよくなり肌や髪にも良い効果をもたらします。そのため、美肌など美容目的で飲まれる方もいますよ。

【参考】特集:SOD(スーパーオキシドジスムターゼ)-コスモ・バイオ株式会社

高コレステロールの予防に

大麦若葉は、高コレステロールに効果があるということが研究で示唆されています。高コレステロールは高脂血症や脂質異常症ともいわれ、様々な病気の原因となります。血液中のコレステロールが増えドロドロになってしまっている状態なので、動脈硬化になりやすくなるのです。

大麦若葉に含まれるSOD酵素クロロフィルは、抗酸化力で動脈硬化を軽減させる働きがありますし、他にも多くのミネラルやビタミン(カルシウム、亜鉛、マンガン、銅、鉄、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンK、βカロテンなど)も動脈硬化のリスクを下げます。また、食物繊維も豊富で、脂質やコレステロールの吸収を抑えるとされています。

【参考】「健康食品」の素材データベース -国立研究開発法人
    葉緑素(クロロフィル) -わかさの秘密

体内水分を整え血圧を下げる

高血圧は塩分を摂りすぎてしまう現代人にとって、さまざまな病気のリスク要因となり大敵です。塩分を体外に出し、ため込みすぎた水分を外に出してくれるのがカリウムです。大麦若葉はカリウムの含有量が高いため、高血圧の予防やむくみの改善に効果が期待できます。

【参考】カリウム -e-ヘルスネット(厚生労働省)

ダイエットのお供にも!

大麦若葉には食物繊維が豊富に含まれているため、満腹感の向上に役立ちます。また、食物繊維には血糖値の上昇を緩やかにする効果もあり、脂肪の蓄積がされにくくなります。さらに便秘の改善や腸内環境をよくする効果もあり、体の内側から健康になることも期待できます。

【参考】食物繊維の必要性と健康 -e-ヘルスネット(厚生労働省)

糖尿病にも効果的?

大麦若葉は糖尿病の予防にも効果があります。というのも、大麦若葉に多い食物繊維には血糖値の上昇を緩やかにする効果があるためです。また、糖尿病の治療の大きな柱は食事療法。大麦若葉は、バランスの摂れた栄養摂取をサポートし、糖尿病の進行を防ぐのにも役立ちます。

大麦若葉に含まれる栄養とは?!他の青汁との比較も?

大麦若葉には、コレステロール値を下げるといった健康にうれしい効果がたくさんありますが、これはたくさんの栄養素が含まれているからです。ここでは、青汁の原材料として使用される代表的な野菜「ケール」と比較して、その栄養成分に注目してみます。青汁の選び方の参考にどうぞ!

大麦若葉に多い栄養成分

●食物繊維
 便通や腸内環境を整えたり、血糖値の上昇を緩やかにする働きがある。大麦若葉には、ごぼうの約8倍もの食物繊維が含まれ、ケールよりも多い。
●鉄分
 赤血球を作る働きがあり貧血予防に重要。含有量はプルーンの10倍以上でケールより多い。
●SOD酵素
 最近注目されている酵素で、活性酸素を除去する抗酸化作用がある。その他動脈硬化等にも効果がある。
●クロロフィル
 葉緑体とも呼ばれ、植物に含まれる緑色の色素のこと。抗酸化作用でコレステロールを下げ、ガン予防にも関与する。その他、造血作用や解毒作用も持つ。
●カリウム
 体内の塩分(ナトリウム)と水分の量を調整する。塩分過剰となれば、水分とともに余分なナトリウムと水を排出し、高血圧を予防する働きがある。大麦若葉には、ほうれん草の約4~5倍のカリウムが含まれる。
●ビタミンC
 疲労回復に効果的なビタミンとされ、抵抗力を高めたり、コラーゲンの合成に関わり日焼けの予防や肌の調子を整える効果もある。ほうれん草の約20~30倍ものビタミンCを含み、含有量はケールよりも多い。

【参考】特集:SOD(スーパーオキシドジスムターゼ)-コスモ・バイオ株式会社    
    葉緑素(クロロフィル) -わかさの秘密
    カリウム -e-ヘルスネット(厚生労働省)
    ビタミンCの働きと1日の摂取量 -公益財団法人長寿科学振興財団
    

ケールに多い栄養成分

ケールとは、地中海周辺を原産とするキャベツなどと同じアブラナ科の植物です。ケールも青汁の原材料としてとても有名ですが、大麦若葉とは含まれる栄養素が少し異なります。もちろん大麦若葉と同様に食物繊維やビタミン・ミネラルも含まれますが、ここでは特徴的なものを少し紹介しておきましょう。

●メラトニン
 概日リズムに関わるホルモンで、体内でも生成されるホルモン。催眠作用があり、夜の寝つきをよくする効果がある。
●ルテイン
 緑黄色野菜などにも含まれるカロテノイドの一種で強い抗酸化作用を持つ。またブルーライトなどの有害な光を吸収して眼を守る働きもある。
●ビタミンA
 免疫機能に関わり、眼や皮膚の正常な機能を助けるビタミン。大麦若葉にも含まれている。

【参考】メラトニン -e-ヘルスネット(厚生労働省)
    ルテインとは-わかさ生活
    ビタミンAの働きと1日の摂取量 -公益財団法人長寿科学振興財団

このように比較すると、大麦若葉は抗酸化力があるため生活習慣病に効果があり、ケールは不眠や眼病・眼精疲労に効果があると言えます。また、ケールは青臭さや苦味がどうしてもありますので、もし青汁を始めるなら、初心者には大麦若葉のほうがおすすめと言えるでしょう。

おすすめ大麦若葉&注意点

おすすめの大麦若葉

ここで、まず小島屋の商品をご紹介させてください!

小島屋の大麦若葉は国産&無農薬&無添加にこだわりました。葉をそのまま加工するので、農薬不使用は嬉しいですよね。また砂糖入りのものや添加物入りのものを選んでしまうと、効果が十分に得られにくくなりますので、やはり無添加のものがおすすめです。青汁にしても抹茶のような風味で、これなら美味しく飲めるというお客様のお声も多くいただいています♪

おすすめの召し上がり方と注意点

一番お手軽な取り入れ方は、やはり青汁としてドリンクにすることですね。1日1回、1杯約3gの大麦若葉に100㏄のお水を混ぜていただくのが程よいでしょう。また、牛乳と混ぜてラテ風にしたりしても飲みやすくなります。

(※ただし、青汁を飲んではいけない人もいるのでご注意を。大麦若葉をはじめとする青汁にはビタミンKが含まれており、血液凝固剤であるワーファリン(ワルファリン)と併用するとその効果が減弱することがあります。そのため、この薬を飲んでいる人は青汁は避けたほうが良いでしょう。)

大麦若葉は青汁というイメージが強いですが、粉末の大麦若葉は実はそれ以外にも使えます!パンやお菓子などの生地に混ぜ込むと、鮮やかな色の一品に。この「3色ホットケーキ」は、ホットケーキの生地に大麦若葉を混ぜ込んでいます。栄養も摂れる上に、見た目もおしゃれなのでおすすめですよ。

大麦若葉を取り入れて健康生活へ!

大麦若葉は、多くの健康効果&パワーを持ち、青汁としても飲みやすい!ということがお分かりいただけたと思います♪大麦若葉の栄養を美味しくチャージして、病気に負けない生活をゲットしましょう!

あんこ

この記事を書いた人

あんこ

元看護師。食生活アドバイザー3級。4年間の看護師生活で、生活習慣病をはじめ様々な疾患の患者と出会い、病気になる前の健康づくり・食事の重要性を実感する。「良く食べることは良く生きること」をモットーに、健康的な食生活を実践中。小島屋店主の「ナッツとドライフルーツを通じて、楽しく美味しく健康的な生活のサポートをしていきたい」という思いからオファーを受けて小島屋に参画し、2020年12月より小島屋のよみものを担当。現在は、栄養や疾患の知識をもとに健康に関する記事を執筆する。

記事で紹介した商品

無農薬栽培特選・大麦若葉[福井県産]100%《300g》
★卸売り価格でご提供★
無農薬栽培特選・大麦若葉[福井県産]100%《500g》
★卸売り価格でご提供★
  • SHARE

RELATED ARTICLE

  • 松の実とは何の実?!知られざる健康&美容への効果を徹底解説!おすすめレシピ&食べ方もご紹介>

    2021.05.31

    about-nuts
  • レーズンに含まれる栄養素とは?6つの健康効果も紹介!手軽に食べられるレーズンで毎日の栄養をサポート!>

    2021.05.10

    about-dried-fruit
  • ナッツは食べ過ぎても良いの!?抗酸化&抗糖化作用に注目した健康効果を徹底解説!>

    2021.01.25

    about-nuts
  • くるみに秘められた嬉しい効果効能とは!?ダイエットや健康におすすめ!効果を引き出すくるみの選び方も!>

    2021.04.06

    about-nuts
  • 夏の冷え性対策には生姜糖を!クーラーによる体の不調を生姜パワーで整えよう!おすすめ生姜糖&効果をご紹介>

    2021.05.26

    about-dried-fruit