トップ

ナッツとドライフルーツの専門店

上野アメ横 SINCE 1956

ビーフジャーキー

ビーフジャーキー

ビーフジャーキーのトップブランド!

最高の味わい♪ 「テングのビーフジャーキー」

まずは、サイズのご案内
リピーターの方は、すぐ下の「カートに入れる」からもお買い求めいただけます。

テング ビーフジャーキー(レギュラー)《93g》

テング ビーフジャーキー(レギュラー)《93g》

販売価格:1,130円(消費税込:1,220円)

テング ビーフジャーキー(ホット)《93g》

テング ビーフジャーキー(ホット)《93g》

販売価格:1,130円(消費税込:1,220円)

まだ小島屋のビーフジャーキーを買った事がないよ。
という方は詳しい商品の魅力をお伝えしていますので、もう少し下までご覧ください^^

ビーフジャーキー

小話

1983年の日本での発売以来、常に業界1の販売量を誇る テンクブランドのビーフジャーキー。
トップブランドとしての地位を支えているのは、テング社独自の製造法と厳選された素材へのこだわりです。

お召上がり方

そのままお召し上がりください。

ビーフジャーキーの選び方

天狗ブランドのこだわり

厳選されたトップラウンド インサイド肉(内もも)を使用して、秘伝の醤油ダレに 6時間も漬け込み、温度を3段階調節しながらジックリ、ジックリ乾燥しています。
牛肉を3分の1の重さまで乾燥して(凝縮)できるビーフジャーキーは、 ビーフと醤油の深い味わいがマッチした絶品で、噛めば噛むほど芳醇な味がお口の中に広がります。

ビーフジャーキー

ビーフジャーキーの選び方

一番のポイントはやはりブランド < メーカー >
これに尽きます。
最近は国産のご当地ビーフジャーキーなども多く販売されていますが、正直、当たり外れが大きいです。<めちゃめちゃ美味しいのもありますよ^^>
全体的に国産のビーフジャーキーには脂っぽいものが多く、肉肉したお肉感は赤身中心の外国の方があり、さっぱり系が好きな人には向いていると思います。

さっぱりした赤身中心の外国産ビーフジャーキーの中でも、天狗が一番日本人向けな味だと個人的には思います。
万人向けという言葉が適切かもしれませんが、クセがなく、食感も適度な柔らかさ<柔らかすぎません>もあり、肉の避け方などもバランスが良いです。

以前に比べてホット<ブラックペッパー>も辛さがマイルドになっていますので、中学生以上であれば、ホットでも特に辛い!という事なく、お召し上がり頂けるかと存じます。やはりビールなどお酒に合わす時は、私はホットの方が好きです。

ガブっと肉をかじりながら、ビールをグイっとしたくなる時が男にはあります(笑)

気になる方、もっと細かい情報を知りたい方は
「商品を詳しく見る」から詳しいご案内ページをどうぞご覧ください。

2件中 1-2件表示

★卸売り価格でご提供★定価の34%オフ!! テング ビーフジャーキー(レギュラー)《93g》

販売価格 ¥ 1,130 消費税込 ¥ 1,220

【牛のもも肉を使用し、ステーキ肉をそのまま1/3まで乾燥させました】東京上野・アメ横に実店舗も構える小島屋では、天狗のビーフジャーキーを販売。良質の赤身のステーキ肉を乾燥させたストレートタイプのジャーキー。肉の旨みを味わうレギュラータイプです。

商品を詳しく見る

★卸売り価格でご提供★定価の34%オフ!! テング ビーフジャーキー(ホット)《93g》

販売価格 ¥ 1,130 消費税込 ¥ 1,220

【牛のもも肉を使用し、ステーキ肉をそのまま1/3まで乾燥させました】東京上野・アメ横に実店舗も構える小島屋では、天狗のビーフジャーキーを販売。良質の赤身のステーキ肉を乾燥させたストレートタイプのジャーキー。スパイシーでビールに合う辛口ホット。

商品を詳しく見る

2件中 1-2件表示

小島屋がおすすめしたい商品

これまでにご購入もしくは
ご覧になられた商品