トップ

ピーナッツ・落花生

ピーナッツ・落花生

お豆の魚沼産コシヒカリと呼ばれます。

職人焙煎仕上げ「千葉県産 落花生」

ピーナッツ・落花生

特徴

ピーナッツ、南京豆ともよばれる一年生のマメ科植物。原産地は南アメリカで、おそらくブラジルの山地~ボリビア高地であるとされます。日本へは18世紀初期に中国からはいりましたが、江戸時代にはあまり普及せず、明治になってアメリカから導入されて、作物として栽培されるようになったそうです。
ビタミンが豊富で、特にビタミンB群の一種ナイアシンが豊富です。渋皮に含まれるポリフェノールにも注目が集まっています。

お召上がり方

そのままお召上がり下さい。
渋皮にはポリフェノールが豊富です。一度お試し下さい。

ピーナッツ・落花生

落花生 収穫&産地情報

  • 中国北部・中国内モンゴル自治区

    落花生の王様といえば、やはり千葉県八街市の半立でしょう。 八街は千葉の中央部に位置する小さい市です。 小さい市でも落花生は日本、いや世界一と評判高い場所なんです。

  • クコ

    落花生は、さやにはいった状態で、地下に出来ます。5月頃に発芽した落花生は、8月に開花し、緑一面の落花生畑となります。

  • 天日乾燥

    月中旬頃からに掘り起こされた落花生は、乾燥、天日干しをされ、出荷を待つ事になります。
    もちろん最後の詰めも抜かりない様に、焙煎業者の腕も大事です

落花生選び方 栄養

落花生の栄養

ビタミンが豊富で、特にビタミンB群の一種ナイアシンが豊富です。渋皮に含まれるポリフェノールにも注目が集まっています。

ピーナッツ・落花生

ピーナッツ・落花生

落花生のパワー

ピーナッツは、マグネシウムやカルシウム、健康に欠かせない亜鉛、イライラなど、心の健康に必要といわれるビタミンB1と優れた栄養を持っています。ナイアシンは糖分、脂肪、アルコールなどに働くといわれており、お酒のおつまみに最適です。

落花生の選び方

まずは産地ですね。中国産やアメリカ産、それから国産でも千葉以外も結構ありますので、やはり千葉産を選ぶのがまず最初だと思います。

最近は国内加工! と書いてあるだけで、普通に中国産という商品も多いですから、その点は注意が必要です。コンビニでピーナッツを見ると、大半がそれです(笑)

千葉県産でも八街産が良いとされております。
品種では半立というのとナカテユタカという2種類がメジャーな品種としてあります。半立の方がより高級とされておりますが、特徴としては半立は豆の甘みとコクが深いです。ナカテユタカは半立に比べるとあっさりしています。

焙煎具合などはお店によってそれぞれ違いますので、好き好きになると思います。

日本茶にあうだけでなく、実はシャンパンや辛口でコクのある白ワイン、赤のボルドーワインなどとも意外にあいます♪

焙煎歴50年の職人さんが落花生の煎りを担当してくれています。是非お試しください♪

お客様からの嬉しいお便り♪

千葉県 豆男様:落花生(半立)
豆の煎り方も上手で、本当に美味しい半立ですね。
千葉だけに、落花生には五月蝿い一家が、みんな「ここのは美味しい!!」って感心してました(笑)
東京都 A・E様:落花生(半立)
塩味なしで、こんなにピーナッツの味が深いなんて知らなかったです。
これ食べちゃうと他の落花生が美味しくなくなるが欠点かも><
静岡県 タカシ様:落花生(半立)
いつも東京へ出張の際には、小島屋さんで買わせて頂いていましたが、ネット販売をされたので、いつでも購入できるのが本当に嬉しいです。
美味しい落花生をいつもありがとうございます。祖父も私も毎日お茶請けに食べてます。

ピーナッツ・落花生

小島屋がおすすめしたい商品

これまでにご購入もしくは
ご覧になられた商品