トップ

ナッツとドライフルーツの専門店

上野アメ横 SINCE 1956

  • いらっしゃいませ
    {@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様
    {@ member.stage_name @} {@ member.active_points @}ポイント
  • マイページ
  • 0cart
  • お買い物
    ガイド
LINEバナー

送料無料:店主が見つけた至極の味:(カンボジア産)超大粒プレミアム生カシューナッツ1kg

送料無料:店主が見つけた至極の味:(カンボジア産)超大粒プレミアム生カシューナッツ1kg
送料無料:店主が見つけた至極の味:(カンボジア産)超大粒プレミアム生カシューナッツ1kg
送料無料:店主が見つけた至極の味:(カンボジア産)超大粒プレミアム生カシューナッツ1kg
送料無料:店主が見つけた至極の味:(カンボジア産)超大粒プレミアム生カシューナッツ1kg

世界最大クラスの特大粒 ヨーロッパで認められた上質な甘みとコク 送料無料:店主が見つけた至極の味:(カンボジア産)超大粒プレミアム生カシューナッツ1kg

商品番号 N-02-63-2
4.50

2

レビューを見る

定価 ¥ 6,858 のところ
販売価格 ¥ 4,168 税込

最短発送 ご注文確認後、1~2営業日で出荷

[ 39 ポイント進呈 ]
送料込

※申し訳ございませんが、
北海道は+322円 沖縄は+828円頂戴いたします。

在庫数 14

近日中(1~2営業日)で入荷予定です。

数量違いの商品は
こちらからご覧いただけます。

※選択中の商品は◆がついています。

「できたて」の美味しさをお届け!

鮮度を保つ「低温・低温保管」

鮮度を保つ「低温・定温保管」

封入後、商品はすぐに専用倉庫に直送。2つの温度帯に分けて保管します。ナッツやドライフルーツも、じつは光と熱によって、油分が酸化したり、ビタミンが失われたり、繊維が壊れてしまうことがあります。低温・定温保管によって、味、香り、食感、栄養の鮮度を保ちます。

ワインと同等の「湿度管理」

保管庫の湿度は、1年を通して60〜80%を維持します。これは、ワインの繊細な味・香りを維持するための条件とほぼ同じです。乾燥し過ぎて豊潤な香りを失わないよう、最適な湿度を維持しています。

ワインと同等の「湿度管理」
原材料 カシューナッツ
内容量 1000g
原産国 カンボジア
賞味期限 120日
保存方法 直射日光・高温多湿を避け、冷暗所にて密閉保存下さい。 開封後はどうぞお早めにお召上がり下さい。
販売者 株式会社小島屋
東京都台東区上野6-4-8
加工者 株式会社小島屋YBS
東京都台東区上野6-4-8

※アレルギー表示※
小島屋では本製品の他に、同じ施設内で落花生・大豆・小麦・卵・クルミ・オレンジ・リンゴ・イカ・キウイフルーツを含む製品を小分けしています。

栄養成分表示(100gあたり)

エネルギー・カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
548kcal 19.4g 45.8g 25.8g 0.19g
4.50
2
  • 購入者
    非公開
    投稿日
    小さい頃から好きだったカシュナッツ。新地中華街で袋買いしていた覚えがあります。はカロリーが気になり、最近購入していませんでしたが、小島屋さんのお勧めとあって、カンボジア産の大きな生のお品を購入。生だけに、爽やかでおいしいです!カリっと感と塩味がお好きな方には物足りないかも・・・ですが、塩分を控え、甘さを楽しみたい方にはぴったりだと思います。お安く、量も多いので、ケーキ作りにも活用したいと思います。
  • 購入者
    愛知県 50代
    投稿日
    昨日の夕方届いたので早速食べてみました。想像以上の美味しさ、甘味が強いですね。粒も大きく一粒でも食べ応えが有ります。オススメします

“カンボジアカシューナッツ"

世界最大クラスの大粒カシューナッツの産地として台頭してきました!

店主が見つけた至極の味:(カンボジア産)超大粒プレミアム生カシューナッツ1kg

超大粒プレミアム生カシューナッツ

カンボジアは優秀な農産国

実はカンボジアは優秀な農産国だという事をご存知でしょうか?
もともとの土壌などの環境もありますが、日本企業の技術指導や協力があって、その作物はさらにより良いものとなってきています。

そんな中で昨年ごろより徐々に世界的に進出してきている農作物が、実はカンボジア産のカシューナッツです。

  • “カシューナッツの木”

  • “カンボジアの人の手で加工されるカシューナッツ”

小島屋が取り扱うカンボジア産のカシューナッツは、

・大粒
・甘みが強く味が濃い

という特徴があります。

非常に高級なカシューナッツで、ヨーロッパや中東では徐々に認知が広がり、人気が出てきています。

  • “カンボジアのカシューナッツ農園”

  • “ヨーロッパや中東で高級品として人気のあるカンボジア産のカシューナッツ”

カンボジアで収穫される超大粒のプレミアムカシューナッツ。
その農園をドローンで空撮しました。抜群に美味しいカシューナッツですが、まだまだ収穫量が少なく、非常に希少なカシューナッツの育つ畑です。

超大粒プレミアム生カシューナッツの特徴

超大粒!

カンボジア産カシューナッツとインド産カシューナッツ

比較画像で見て頂ければお分かりかと思いますが、とにかく超大粒です。
一般的なサイズのカシューナッツと比べると、おおよそ1.5倍サイズ。
日本ではまだ、ここまで大粒のカシューナッツはあまり流通していないかと思います。

独特の甘みがあって味が濃い

自然豊かなカンボジアの土地で育ったカシューナッツは、完熟の状態になってから収穫されています。
コクがあり、甘さが濃いのが特徴です。

  • “完熟カシューナッツ”

  • “完熟カシューナッツ”

生カシューにありがちな青臭さがない

店主小島が食べてみて一番驚いたのがコレです。

普通のカシューナッツって、生で食べると何粒かに一つはえぐみがあったり、青臭さがあったりするんですよね。
ですが、今回取り扱う生カシューナッツはそれがなくて、全てがパーフェクトにうまいんですよ。

このカシューナッツは是非とも生で食べていただきたい

塩味も素焼きも、どちらも美味しいんです。特に初めてカシューナッツを食べる、という方にはとても食べやすく、とっつきやすいとも思います。
ただ、このカシューナッツは、本当は生で食べるのが実は一番美味しいんじゃないか、という結論に行きつきました。

後に詳しく書いておりますが、美味しい状態で皆様にお届けできるように、加工の工程はもちろん、リーファーコンテナという特殊コンテナで運搬し、極力酸化を抑えて鮮度を保つなど、様々な工夫をしております。

超大粒プレミアム生カシューナッツのおいしさの秘密

すべては圧倒的な甘さを出すために
1、輸送にはリーファーコンテナを使用
リーファーコンテナ、という特殊なコンテナがあるのをご存知でしょうか?リーファーコンテナとは、生鮮食品やワインなどを輸送する、温度帯を一定に保つよう、冷却装置を備え付けた特殊なコンテナの事です。

超大粒プレミアム生カシューナッツは鮮度が何よりも大事になるので、徹底的に温度と鮮度の管理に気をつけています。

乾燥温度の違い
従来の他産地のカシューナッツは、
・100度近い温度でスチームをかけ、殻を剥く。
・70度で7時間かけて乾燥
という工程のものが多いです。

超大粒プレミアム生カシューは、
・まず25度の超低温乾燥機で24時間かけてじっくりと全体を均等に乾燥させる。(これによって甘みが強まる)
・その後、スチーム処理をして水分を良い具合に浸透させる。
・それから80度の高温で8時間、再度乾燥させる事で、
中にしっとり感を出しつつ、甘みを凝縮させながら乾燥させる。

この時間と手間のかけ方で、甘みを強く出すことに成功しています。

じっくりと手間と時間をかけて生カシューナッツの甘味を引き出しています

カンボジア産カシューナッツ

  • “カシューナッツを選別するカンボジアの女性”

  • “採れたてのカシューナッツ”

  • “衛生環境は日本の企業が指導しています”

  • “ローストされるカシューナッツ”

カンボジア産カシューナッツの農園

オススメのお召し上がり方

そのままお召し上がりください。
特徴的な甘さや食感をお楽しみ下さい。おやつやおつまみとして、お料理やお菓子作りにも。

極上の超大粒プレミアム生カシューナッツ

丁寧な手仕事から生まれる極上の一粒

口当たりがよく、柔らかいのにシンナリとはしていない、軽い食感。

粒が大きい方が大味じゃないかな?という心配は全く無用です。甘みとコクのバランスがよく、超大粒なので食べ応えがしっかりしています。

生だからこそ感じられるカシューナッツ本来のコクと甘みををお楽しみいただけます。

生なのに青臭さやえぐみを感じない、全てがパーフェクトにうまいカシューナッツを体験してみて下さい。

/c/kojimaya/trip/trip_a001/trip_a002

カシューナッツはここまで純粋に甘くなるのか、美味しくなるのかというのを体感できます。大人が楽しむ贅沢な一粒というのを是非味わってください。

店主が見つけた至極の味:(カンボジア産)超大粒プレミアム生カシューナッツ1kg

◆小島屋の超大粒薄塩プレミアム生カシューナッツの特徴

小島屋が取り扱うカンボジア産のカシューナッツは、

・超大粒
・甘みが強く味が濃い
という特徴があります。

非常に高級なカシューナッツで、ヨーロッパや中東では徐々に認知が広がり、人気が出てきています。

おいしさの秘密である手作業部分は工業化せず、カンボジアの女性を中心にして作られる大粒カシューナッツ。 少量ずつを丁寧に作り、品質管理や衛生面は日本基準の工場で作られています。

◆味
通常、生のカシューナッツだと何粒かに1つはえぐみがあったり、青臭さがあったりするんですね。ですが、今回のカンボジア産生カシューナッツはそれがなく、全てがパーフェクトにうまいんです。

お客さんに生のカシューナッツを美味しく食べて頂くために、リーファーコンテナという、特殊なコンテナを使用して輸送しています。

◆お召し上がり方
そのままお召上がり下さい。実は素焼きや薄塩味など色々販売していった結果、多くのシェフの方から「これは生で食べるべきだよ」という声が圧倒的に多かったカシューナッツです。

「できたて」の美味しさをお届けするために

ナッツやドライフルーツは「乾物」として常温で保管されることが多いですが、料理と同じように美味しさは「生もの」です。お客様にできたての美味しさをお届けできるよう、24時間365日体制で徹底管理しています。

できたて01

鮮度を保つ「低温・定温保管」

鮮度を保つ「低温・定温保管」

封入後、商品はすぐに専用倉庫に直送。2つの温度帯に分けて保管します。ナッツやドライフルーツも、じつは光と熱によって、油分が酸化したり、ビタミンが失われたり、繊維が壊れてしまうことがあります。低温・定温保管によって、味、香り、食感、栄養の鮮度を保ちます。

できたて02

ワインと同等の「湿度管理」

ワインと同等の「湿度管理」

保管庫の湿度は、1年を通して60〜80%を維持します。これは、ワインの繊細な味・香りを維持するための条件とほぼ同じです。乾燥し過ぎて豊潤な香りを失わないよう、最適な湿度を維持しています。

できたて03

ご家庭での保存方法について

ワインと同等の「湿度管理」

冷蔵庫(野菜室)に保存する

光、高温、湿気を避けるためには、冷蔵庫での保存がおすすめ。一般的に温度が少し高めの野菜室がよいでしょう。しっかり密閉してナッツやドライフルーツが湿気らないようにご注意ください。

ワインと同等の「湿度管理」

密閉容器に小分けする

少しずつお召し上がりになる場合は、ジップロック等に小分けして、中の空気を抜いておくのがおすすめ。新しい空気に触れる回数を減らせば、最後まで新鮮さを保ちやすくなります。

これまでにご購入もしくは
ご覧になられた商品